サイト内検索

あらゆるワードの関連記事を検索できます!

おぐえもん
情報系大学院の出身です♪Webサイトやチラシ、冊子などのデザインや、システム開発などの経験があります。音楽が好きで、渋谷系サウンドが好物です!

大学1年生もバッチリ分かる線形代数入門

400万回以上勉強された線形代数入門サイトが書籍化!【6/18発売】

400万アクセス以上を誇る、おぐえもん.comの名物コンテンツ「大学1年生もバッチリ分かる線形代数入門」が書籍化しました!

2021年6月18日発売、Amazon・楽天にて販売中です!すでに書店在庫があまりないので、お早めにお求めください!
(7/20更新:Amazonと楽天在庫が売り切れました。再入荷まで各書店等をご利用ください)

\ おぐえもん.comの分かりやすさを凝縮 /
大学1年生もバッチリ分かる線形代数入門
プレアデス出版
A5サイズ・236ページ
販売中!(2021.06.18 発売)

大学数学を勉強するとき、教科書を読んでいて、

やたらと説明が難解だし、見にくいデザインだな…

と思った人は多いでしょう。

「大学1年生もバッチリ分かる線形代数入門」は、そうした現状を踏まえて、「やさしい・見やすい・読みやすい」をモットーに、線形代数のさわりを簡単に理解できる本に仕上げました!

目次(クリックで該当箇所へ移動)

本書を選ぶ3つの理由

従来の教科書の多くには、次のデメリットがありました。

  • 難しい。著者の多くは数学者で、厳密な議論や隅々の証明に重きをおきがちだからです。
  • 見にくい。昭和時代の本が未だ現役なのと、数式が盛り込まれた本は、デザインにコストがかかるからです。
  • 読みにくい。文字数を減らすために、大切な部分を簡素な説明に留められていることが多々あります。

読者に教える気があんのかって感じですよね。

そこで、「大学1年生もバッチリ分かる線形代数入門」は、こうした従来の教科書の課題にアプローチすることを目指して執筆しました。

本書は、次の3つのポイントを押さえてます。

POINT1:やさしい

初学者にとってまず必要なのは、個々の厳密な理論を知ることでなく、線形代数の大まかな流れをザックリ理解することです。

本書の内容は、厳密さよりもやさしさを優先しました。

POINT2:見やすい

難解な理論もデザインの力で分かりやすくなります。本書は、分かりにくい箇所に直感的な図解を加えたり、各単元の意図が明確になるレイアウトを採り入れるなど、見やすさにこだわりました。

POINT3:読みやすい

従来の大学数学の入門書が難しい理由のひとつに難解な文章構成と言い回しが挙げられます。本書は、文章構成を明快にして、誰でも分かる簡単な言い回しを徹底しました。

購入いただいた方から、早速わかりやすいコメントをいただきました!!こうしたポイントが読者の方にも伝わっていて嬉しいです!!

こんな人にオススメ!

こんな人は、本書がオススメです!

  • 線形代数を独学ではじめたいけど、まず何の本を買おうか迷っている人。
  • 線形代数を履修しているけど、講義も教科書もワケワカメで、補助的な本が欲しい人

一方で、次のような人は他の本が良いかもしれません。

  • すでに線形代数をある程度理解していて、発展的な本を探している人。
  • 厳密な論理のもとで展開される純粋数学として線形代数を勉強したいストロングスタイルの人。

大学1年生で習う範囲をしっかりカバー

本書は、やさしさが特徴ながら、理工系の学生が大学1年生で履修する範囲をほとんど押さえています!

そして、多くの講義で採用されている学習の順番に倣って章を並べているので、講義と並行してスムーズに学べます!

ちなみに、236ページあります。スカスカすぎず、重すぎずのいい感じのボリュームです!

本書の目次

基本編(1年生前期)
線形代数とは何か行列とは何かからはじまり、行列の基本的な事柄を解説します。
連立方程式編(1年生前期)
中学で学んだ連立方程式の解き方を復習して、解を網羅する方法や、行列との繋がりを解説します。
行列式編(1年生前期)
行列を特徴づける重要な指標「行列式」の一般的な定義や重要な性質、これを用いた逆行列の求め方、連立方程式との関係を解説します。
空間ベクトル編(1年生前期〜後期)
高校の「ベクトル」単元をここで復習して、線形代数で習う「ベクトル」との違いを考えます。
線形空間編(1年生後期)
線形代数の試みの一つである、身の回りの色々なものを連立方程式の要領で考える理論作りを進めます。
固有値編(1年生後期)
行列式と並ぶ、行列の重要な指標に「固有値」「固有ベクトル」があります。両者の特徴と、これを用いた行列の変形方法を解説します。
線形写像編(1年生後期〜2年生)
2つの集合の要素間にある一定の条件を満たす対応を線形写像といいます。この性質を明かして、本書の集大成として線形代数の本質に迫ります。

サンプルページ

本の中身をちらっとご紹介。分かりやすさを意識したデザインを採り入れました!

販売ページはこちらから!

現在、Amazonと楽天などで販売されております!

\ おぐえもん.comの分かりやすさを凝縮 /
大学1年生もバッチリ分かる線形代数入門
プレアデス出版
A5サイズ・236ページ
販売中!(2021.06.18 発売)

オンラインでなくとも、紀伊国屋や丸善など都市部の大型書店や、大学生協の書店などで入荷されるみたいです。
店頭で見かけた際は、ぜひとも立ち読みしてみてください!

このカテゴリの記事
400万回以上勉強された線形代数入門サイトが書籍化!【6/18発売】
2021年6月9日
【線形写像編】写像の基礎(像・全単射・写像の合成)
2021年1月20日
【試験対策】線形代数の前期授業の要点が30分で分かるよう凝縮しました
2019年7月19日
【固有値編】フロベニウスの定理を計算例付きで徹底解説
2018年11月15日
このカテゴリの全ての記事(43件)を見る
▲ トップへ戻る