サイト内検索

あらゆるワードの関連記事を検索できます!

おぐえもん
情報系大学院の出身です♪Webサイトやチラシ、冊子などのデザインや、システム開発などの経験があります。音楽が好きで、渋谷系サウンドが好物です!

おぐえもんの日記

F1〜F12キーって何?便利な使い方を教えます(#46)

こんにちは、おぐえもん(@oguemon_com)です。

大学時代は情報系の学科にいて、今はシステム開発の仕事をしています。

みなさん、Fnキー(F1〜F12)使ってますかー!!

え?「何のためのボタンか分からないから触ったことすらない」って?バカヤロー!!

F1〜F12キーは意味の分からない名前こそ付いていますが、痒い所に手が届く便利なボタンです。

今回は、F1〜F12キーを一つずつ紹介して、便利なところ、正直いらないところなどを説明したいと思います。

目次(クリックで該当箇所へ移動)

Fnキーって何?

Fnキーとは、キーボードについているキーのひとつで、正式にはファンクションキー(Function Key)といいます。

英数字記号のキーは、それを打つことで対応する文字を入力できますが、Fnキーはそういった機能はありません。

Fnキーは、パソコンに「好き勝手に役割を与えてくれ」という趣旨で作られました。難しい言葉で言うならば、汎用的なキーってことです。

Fnキーと一口に言っても、実際はF1〜F12の12個あります。昔は異なる個数(5個とか16個とか)が用意されているキーボードもありましたが、今ではほぼ全てが12個です。12個のそれぞれに対して異なる動作が割り当てられています。

その動作、実はWindows/Macの違いはもちろん、同じWindows/Macの中でも使うソフトによって全く異なることがあります。そのため、Fnキーを押したときの挙動を網羅するのは無理がありますが、大体のソフトに共通する挙動をざっくり押さえておくと、パソコン作業が一気にはかどります!

各キーの紹介

ここではFnキー12個全てに対して、主な挙動を紹介します。知らなかったものはφ(・ω・ )メモメモしておこう!

F1キー:ヘルプを開く

Windowsの場合、多くのソフトでヘルプページが開きます。例えば、↓はなにもないところでF1キーを押したあとの状態です。ブラウザが開いて、関係するワードの検索結果が勝手に表示されました。

正直、大体のことはヘルプページを見るよりもググった方が早いので、わざわざヘルプページを使うことはあまりありません…

F2キーを押すつもりが間違えてF1を押してしまってヘルプページが出るイライラはあるある。

Macの場合、これといった挙動はありません。空気とみなしてok。

F2キー:編集可能になる

Windowsの場合、こいつは超重要です。ファイルやフォルダの名前を変更できるからです。名前を変更するのに、わざわざファイル/フォルダを選んで右クリック→「名前を変更」を選ぶのは、正直面倒くさいです。そんな手間をF2キーが解消してくれます。是非とも覚えてください。

Macの場合、これまたこれといった挙動はありません。空気とみなしてok。ちなみに、Macでファイル/フォルダ名を変更するには、F2キーでなく、Enterキーを押します。

ちなみに、Excelでは、F2キーでセル編集ができるようになります。これもめちゃくちゃ使います。

F3キー:検索できる

Windowsの場合、検索窓にカーソルがあたります。ブラウザではページ内検索ができることが多いです。まあまあ便利ですが、「Ctrl+F」で同じようなことができるので、私はわざわざF3キーを使いません…(Ctrl+Fの方が押すボタンこそ多いけど、キーボードの真ん中にあるので押しやすい)

Macの場合、これまたこれといった挙動はありません。空気とみなしてok。

F4キー:アドレス入力できる

Windowsの場合、フォルダの中で押すとアドレスバーにカーソルが移ります。ブラウザでは、URLの入力欄にカーソルが当たることが多いです。使用頻度は人によってバラバラですが、エンジニアの人は、フォルダの位置をアドレスで把握することが多いのでよく使う印象です。「アドレスって何?」って人は今の時点では覚えなくてok。

Macの場合、これまたこれといった挙動はありません。空気とみなしてok。

F5キー:再読み込みできる

「F5連打」というワードでお馴染み、F5キーです。

Windowsの場合、再読み込みをかけます。画面更新ってやつです。例えば、ブラウザ上でF5キーを押すのは、↓の画像の赤枠で囲んだボタンを押した時と同じです。

昔耳にした「F5連打」という言葉はこの用途から来ています。何度もF5キーを押すと、サイトのサーバに負担をかけるから、止めようね!ちなみに私はF5キーと同じ効用を持つ「Ctrl+R」の方がよく使います(理由はF3キーと同じ)。

Macの場合、これまたこれといった挙動はありません。空気とみなしてok。

F6キー:ひらがなに一発変換する

文字入力のときに威力を発揮するキーです。

Windows/Macともに、変換完了前の文字をひらがなに変換します。↓こんな感じです。

Macはこれでおわり。しかし、Windowsはこれで終わりません。Windowsの場合、キーをさらに押すと、左から1文字ずつカタカナに変換されていきます。↓の画像は、4回F6キーを押したところです。最初の4文字がカタカナになりました。

このキー、結構痒いところに手が届きます。

F7キー:カタカナに一発変換する

F6と同じような感じです。

Windows/Macともに、変換完了前の文字をカタカナに変換します。↓こんな感じです。

Windowsの場合、キーをさらに押すと、右から1文字ずつひらがなに変換されていきます。↓の画像は、4回F7キーを押したところです。最後の4文字がひらがなになりました。

即座にカタカナに変換したいことはたくさんあるので、F7キーはめちゃくちゃ使います。このキーはぜひとも覚えてください。

F8キー:半角カナに一発変換する

Windowsの場合、変換完了前の文字を半角カナに変換します

キーをさらに押したときの挙動は、F7キーと同じく、右から1文字ずつひらがなに変換されていきます。↓の画像は、F8キーを3回押したところです。最後の3文字がひらがなになりました。

Macの場合、変換完了前の文字を半角英字に変換します。連打しても結果は同じです。

F9キー:全角英字に一発変換する

Windows/Macともに、変換完了前の文字を全角英字に変換します。↓こんな感じです。

Windowsの場合、キーをさらに押すと、「全て小文字→全て大文字→先頭だけ大文字→…」と変換がループします。

これ、結構痒いところに手が届きますよね。

F10キー:半角英字に一発変換する

Windows/Macともに、変換完了前の文字を半角英字に変換します。↓こんな感じです。

Windowsの場合、キーを押すと、F9キーと同じく「全て小文字→全て大文字→先頭だけ大文字→…」と変換がループします。

F11キー:全画面表示にする

Windowsの場合、選択しているウィンドウを全画面にします。再びF11を押すと元に戻ります。

使うようで、あまり使わないです。

Macの場合、今開いているウィンドウをまとめて外へ追いやれます。再び押すと元に戻ります。これ、時々便利です。

F12キー:名前を付けて保存する

何もないところで押しても何も起きませんが、ExcelやWordなどのOfficeソフトでは、「名前を付けて保存」ができます

私はファイルを作ってから編集をするので、「名前を付けて保存」をする機会があまりありませんが、使う人は使う便利な機能なので覚えるのはありです。

どれか一つでも覚えて帰ってください

今回のネタを一度に全て覚える必要はありません。

  1. 便利そうなキーを1つ覚える
  2. 使い倒して慣れる
  3. 他の便利そうなキーに手を付ける
  4. ループ…

って流れで十分です!

この記事をキッカケに、キーボードの便利キーを勉強する人が増えたら嬉しいです。

このカテゴリの記事
実はずっと◯◯してました…年末年始の行いと2022年の目標
2022年1月7日
おぐえもんの2021年を振り返る(自著出版や受託開発の話など)(#52)
2021年12月31日
会社員も可能!毎日ブログを書く方法(アドベントカレンダー最終日)
2021年12月25日
【あるあるサンタが贈る】至極のクリスマスあるある12連発(#51)
2021年12月24日
このカテゴリの全ての記事(74件)を見る
▲ トップへ戻る