サイト内検索

あらゆるワードの関連記事を検索できます!

おぐえもん
大学に通う理系学生です♪Webサイトやチラシ、冊子などのデザインや、システム開発などの経験があります。音楽が好きで、渋谷系サウンドが好物です!
たぶん今すぐ使えるテクニックから、きっと全く使えない豆知識まで。

精神を鍛えるブートキャンプ奮闘記

MacのBootcamp機能が上手くいかないことに端を発する壮絶かつ無益な戦いの記録。

おぐえもん

本カテゴリ
おぐえもんの日常を綴る!それだけ!
この記事は、旧ブログから引き継いだものです。

こんにちは、おぐえもんです。
名前は無いとかいっておきながら結局「おぐえもん」にしました。ぼくおぐえもん。

およそ10年前、「ビリーズブートキャンプ」というものが現れ、一週間で腹筋が割れると一躍有名になりました。

一見簡単そうに見えるものの、いざやってみると肉体的な負担がスゴい。そうして、ビリーズブートキャンプは挑戦者数とは裏腹に、大して痩せた人を聞かないままブームの幕を閉じたのでした。

今回私が挑戦したのは、陸軍新兵インストラクター出身のビリーとは一切関係ない「ブートキャンプ(Boot Camp)」。これは、Apple製のコンピューターにWindows OSを共存させるためのプログラムであり、WindowsのOSさえあれば簡単にできるはずでした。ところが、この後ビリーズブートキャンプさながらの負担を精神にかける大波乱が待っていたのでした…

私の大学にはMicrosoftとの包括ライセンス契約があり、WindowsのOSなどが無料で利用できるプログラムが用意されていました。
既にWindowsを利用していた私は全く目を向けなかったのですが、ついこの間Macに移行したことを契機に、WindowsのOSをMacに入れようと考えたのでした。

規約を読むと、どうやらBoot Campとしてのインストールが認められるらしいので早速OSをダウンロード。認証のため、大学のサーバーから、インストーラーのISOデータと認証ソフトの2つをダウンロードする必要があります。

4GB以上に及ぶデータをダウンロード後、「Boot Campアシスタント」を起動。

OSのデータを選択していざ開始!
必要なファイルのダウンロードが終わったら、一旦macOSが閉じて、Windowsのインストーラーにバトンが移ります。

ところが…

すんごい画面出てきた!どうやら起動に失敗したみたいです。F8ボタンを押せとか言うけど、Touch Barには何も無い…

外付けキーボードを利用してF8を押しても、画面はこのままでした。
かなりの時間を費やすことになる旅の始まりです。

目次(クリックで該当箇所へ移動)

【挑戦1】インストーラーをUSBに入れて再インストールを図る

まず、USBにインストーラーを入れてWindowsのデータを修復することにしました。
せっかくなのでMacを用いて起動ディスクを作成。もはや当たり前なのですが、USBにISOデータをコピペしただけでは、起動時に認識してくれないので、特殊な方法を用いてデータをUSBに移す必要があります。
参考サイト:MacでWindows 10の起動ディスク(USBメモリ)を作成する方法の前半(後半はSierraでは無理でした)

USBが低速なのもあって、ディスクイメージをUSBに入れるのに一々1時間以上かかりました(´;ω;`)
そして挑戦するも、まさかの起動時にUSBを認識してくれず???
Macでは電源ONにした瞬間にOptionボタンをずっと長押しすることで、起動するドライブを選べるのですが、その中にUSBの存在はありませんでした(泣)

次に、本場Windowsを用いてインストーラーの起動ディスクを作成。
参考サイト:Windows インストール用 ブータブルUSBメモリを作成する – Rufus を利用したUSBメモリ インストールメディアの作成

ISOファイルをUSBに焼くための「Rufus」というソフトを利用します。(ダウンロードサイト
他の方法の2倍くらいの速さでコピーできるらしいものの、やはりUSBの遅さがネックとなって1時間近くの時間がかかりました。

完了後、USBをMacに挿していざ起動!

やっと認識された!Windowsすげえや!

上手く行くこと間違いなしと、画面をサクサク進めていると壁に当たっちゃいました。

どうやら、USBで起動すると、Mac内のドライブは認識されないらしいです?
他の項目も手当たり次第実行しましたが、認識できるドライブが無いということで、どれも上手くいきませんでした。

ちなみに、Boot Camp時に作られたWindows用のパーティションを一旦削除した上で、Macの「ディスクユーティリティ」アプリから再びパーティションを作ってUSBからのインストールを試みてみるも、同様の結果に終わりました。
参考サイト:Boot Campを使わずMacにWindows10をインストールする方法(すごくどうでも良いけど、このサイトの運営者が「FREELY TOMORROW」を作編曲したボカロPでびっくりした)

世の中そう甘くないね。

【挑戦2】回復ディスクを用いて修復を図る

インストーラーが無理なら回復ディスクじゃ〜ということで、USBをフォーマットして回復ディスクを作りました。
参考サイト:Windows 10 で回復ドライブを作成する方法

Windowsの標準機能として回復ディスクの作成機能が備わっています。
1時間かけて作成した後、Macに挿して起動するとちゃんと認識してくれました。

「トラブルシューティング」から様々な項目を探ります。

どれも上手くいかず、最後の頼みとしてコマンドプロンプトからディスクユーティリティを使ってみることに。
参考サイト:コマンドプロンプトからWindowsを復旧する4つの方法 (Vista/7/8/8.1/10) – ぼくんちのTV 別館

プロンプト上で

> diskpart
diskpart> list volume

と打ってドライブの一覧を表示させてみるも、どうやらインストーラーの時と同様、自分のUSB以外のドライブを認識していないみたいでした…
Macのドライブ厳重過ぎ〜

……。

ここまででかなりの時間(のべ10数時間)を費やしたものの、結局何をしても上手くいかなかったので、仕方なくMicrosoftホームページからダウンロードしたISOファイルでBoot Campを実施しました。
大学サーバーから落としたISOファイルと異なりすんなりと成功。ライセンス認証の課題がまだ残っていますが、ひとまずこれでブートキャンプへの挑戦の幕を下ろすことにしました…

大学の課題がかなり残っている中、Boot Campの色々に土日の大半を費やしたのが悔しいです!!( ˘・ω・ ˘ )