サイト内検索

あらゆるワードの関連記事を検索できます!

おぐえもん
大学に通う理系学生です♪Webサイトやチラシ、冊子などのデザインや、システム開発などの経験があります。音楽が好きで、渋谷系サウンドが好物です!
たぶん今すぐ使えるテクニックから、きっと全く使えない豆知識まで。

1食約70円で栄養満点「たまごうどん」

ここ最近、「卵うどん」とかいう超即席料理にはまっています。

おぐえもん

本カテゴリ
おぐえもんの日常を綴る!それだけ!
この記事は、旧ブログから引き継いだものです。

気付いたらひと月以上更新してませんでした。

ここ最近といえば、定期券を失くしてえらいこっちゃになったり、代表を務めた団体の引退に伴う大量の引き継ぎ資料作成に追われてえらいこっちゃになったりしてました。後者は年末まで続くぞ〜(´;ω;`)

ここ一ヶ月は普段よりも生活の密度が高く、記事に出来そうなネタがたくさんあった訳ですが、ネタは鮮度が命と言われるように、今更書き綴ったところで記憶の薄れなどから面白味は当初の半分に減少していることでしょうから、今回は自分の中でタイムリーな話をしたいと思います。

料理なんて滅多やらず、レパートリーも呆れるくらいに少ない私ですが、最近「たまごうどん」という料理を習得しました。

これは、先日拗らせた風邪で寝込んでるときに、

  • 食費をケチりたい
  • でも栄養をある程度しっかり補いたい
  • 食べたくなったら直ぐに食べたい

の欲張り三要素を全て満たす魔法の料理を模索している中で見つけたクックパッドの記事がきっかけです。

費用対効果の高い「うどん」と、栄養価の高い「卵」を合わせてる上、5分でできるとかマジかよ!!
ってことで早速作ってみると、普通に美味い!!貧乏人の舌に対してはこんな料理で十分過ぎました。
そこから、「材料の片栗粉が無くても良いやん」「別に刻みネギで良いやん」と自分なりにカスタマイズしていったのでした。

現時点で最強な作り方は以下の通り。
【材料】(1人分)

  • (冷凍orゆで)うどん…1玉
  • 卵…1個
  • めんつゆ…ノリ(4〜5倍したら丼8分になる量)
  • 水…ノリ(めんつゆの3〜4倍くらい)
  • きざみネギ…ノリ

【作り方】

  • 片手鍋にめんつゆと水を入れて沸かす。(冷凍うどんなら合間にレンジでチン)
  • 沸かす裏で溶き卵を錬成。
  • 沸騰寸前のタイミングで溶き卵投入。
  • 塊ができないように優しく(←これ重要)混ぜる。混ぜ過ぎると卵がチリヂリになるぞ!
  • 卵がある程度固まったら、うどんときざみネギを投入。卵のことを意識しながら麺をほぐす。
  • 投入後30秒〜1分程度で丼に移す。
  • おわり。

↓これでこんな感じになります。

▲もともとブログ用に撮ったものじゃないので構図とかピントとかめちゃくちゃです…

まだまだ研究中ですが、これで普通に美味しいです。
実は味の面のみならず、器の面についても、うどんを入れる丼で卵を溶くことで洗い物を減らすなど、可能な限りの効率化を実践しています(衛生的に推奨しません)。なにかオススメのテクニックがあれば是非とも教えてください。
ちなみに、1食あたりだいたい70円くらい(卵20円+うどん40円+α)で収まると思います。安いぞ〜

どこまでもコスパを追求する方、風邪で寝込んで最低限の手間しか掛けられない方なんかは試してみる価値があると思いますよ!