サイト内検索

あらゆるワードの関連記事を検索できます!

おぐえもん
情報系大学院の出身です♪Webサイトやチラシ、冊子などのデザインや、システム開発などの経験があります。音楽が好きで、渋谷系サウンドが好物です!

おぐえもんの日記

5年振りの買い替えで実感。Macbook Pro 2021年モデルの感動ポイント(vs.2016)(#45)

こんにちは、おぐえもん(@oguemon_com)です。

Macbook Proの2021年モデルが10月26日に発売されました!!2016年から同じMacbook Proを使っていた私は、製品の発表と同時に購入しました。

2021 Apple MacBook Pro (14インチ, 10コアCPUと16コアGPUを搭載したApple M1 Proチップ, 16GB RAM, 1TB SSD) - スペースグレイ
0(2022.05.20 現在)

今回、見た目の大幅な変更や圧倒的性能を誇るM1Pro/Maxチップの搭載など、前作から大胆な変更が数多くなされています。

そこで、5年越しにパソコンを買い替えた私の視点から、新機能の是非を書きたいと思います。

「Macbook Proを買い替えたいけど、正直どうなの?」って思ってる方、必見です!!

目次(クリックで該当箇所へ移動)

進化の大きさに驚いたポイント

↑左が2021年の14インチモデル。右が2016年の13インチモデル(Touch Bar付)。最新版の方がひとまわり大きく厚みもありですが、それでも十分持ち運びやすいです。

冒頭の通り、5年の間にめちゃくちゃ変わりました。2016年モデルを使用していた身として、感動したポイントをいくつか紹介します。

入出力端子の追加

2016年モデル〜2020年モデルまでは、USB-C端子4つとイヤホンジャックのみというストロングスタイルでした。しかしUSB-C対応機器はそう多くないので、やたら高額なアダプタを使って補うのが前提のダサさ&不便さが悩みのタネでした。

取得に失敗しました
0(2022.05.20 現在)

2021年モデルからは、HDMI端子とSDカード端子が追加されました。

これにより、アダプタを使うことがほとんどなくなりました。出先でプロジェクタにつなげるときも、カメラのデータを取り込むときも、PCに直接差し込めるからです。これ、死ぬほど便利です。パソコン単体で全てが完結する感動を覚えました。

…とはいえ、従来のパソコンはこれが当たり前だったので、退化していたのが元に戻っただけなんですけどね。

スピード

2021年モデルのCPUは、従来のIntelモデルとの訣別を果たして、M1 ProチップかM1 Maxチップを搭載しています。これが猛烈な性能を誇ることが話題になりました。

性能の高さ、常に実感しています。

一番感じるのは、いろんなものの立ち上がりが超早いことです。

まず、起動速度を比較したところ、2016年モデルは平均34秒かかったところ、2021年モデルはわずか17秒で起動しました(3回平均。電源ボタン押下後〜ログオン画面表示にかかった時間)。ちょうど2倍のスピードです!

さらに、読者に実感してもらうべく、ChromeブラウザとIllustratorの起動速度を動画で比較しました。右が2021年モデル、左が2016年モデルです。

↓Chromeの比較

↓Adobe Illustratorの比較

その差は歴然です。

他にも、画像や動画の書き出しやプログラムの実行時に性能を感じることはありますが、やはり立ち上がりや画面遷移の早さに最も感動しました。実際には数秒の差ですが、パソコンを操作する度に発生するものなので、ストレスや時間消費への影響は決して小さくありません。

ついでに、Geekbenchで計測した性能指標も掲載しておきます。

私がCPUとメモリをMAX性能までカスタムしたというのもありますが、数値上でもその差が歴然であることがわかります。

ちなみに、1時間くらい使っていてもバッテリーが10%も減らない省エネ性にも感動しました

Touch Bar廃止

2016年モデル〜2020年モデルまでは、Touch Barというタッチモニタが一つの特長でした。上の画像みたいなやつですね。

それが2021年モデルから廃止され、ただのファンクションキー(Fnキー)に戻りました。

Touch Bar、正直結構愛好していました。↓のメリットがあったからです。

  • 画面輝度や音量などをスライドバーで直感的に制御できる。
  • アプリ独自のボタンが痒いところに届いてちょうど良い。

しかし、Touch Barが無くなってもそれほど困ってません

  • 画面輝度や音量などをスライドバーで直感的に制御できなくなった。
    • ボタン制御でも実は十分だった。
  • アプリ独自のボタンが痒いところに届いたのに…
    • 実はあまり使ってなかった&ショートカットキーなどで補える

しかも、ファンクションキーが実体のあるボタンになったことで、すごく押しやすくて便利です。

つまり、Touch Barが無くなるのはむしろ良かったです。

ディスプレイ

2021年モデルは、「Liquid Retina XDR」というディスプレイが導入されており、画面の表現力が飛躍的に上がりました。さらに、最近のiPhoneでもみられるよ「ノッチ」という謎の切り込みが画面に入っているのが特長です。

iPhoneではノッチがすごく気になっているので、Macbook Proでも採用されたと聞いて残念な気持ちになりました。

↓が、MacBook Proのノッチ部分です。矢印の左半分がノッチの背後に隠れています。矢印はノッチの裏側を通れるようになっています

実際に使ってみて思いましたが、全然ありです。ノッチの周辺がMacのヘッダと重なり黒色であること、そして、「Liquid Retina XDR」ディスプレイが黒色をガチで黒く表現しているために、ノッチが綺麗に紛れています。

ノッチの心配は不要でした!

2021年モデルは迷ったら買うべき便利PC

ここ5年くらいのMacBook Proは変にとがっていて、先進性と引き換えに利便性を損ねていたところがありました。Proってなんだよって感じでした。

しかし、2021年モデルは性能の大幅強化、現実的な入出力端子の導入、現実的なキーボード配置と、かなりProに寄り添った作りになっています。

2020年以前のモデルを使っていて買い替えを検討している方は、購入すると間違いなく満足するでしょう

ただし、ウリの1つだった「MagSafe充電」は正直いらないと思いました。USB-C給電の速度で困らないので新規端子をわざわざ使う必要がないんだよなぁ…

このカテゴリの記事
実はずっと◯◯してました…年末年始の行いと2022年の目標
2022年1月7日
おぐえもんの2021年を振り返る(自著出版や受託開発の話など)(#52)
2021年12月31日
会社員も可能!毎日ブログを書く方法(アドベントカレンダー最終日)
2021年12月25日
【あるあるサンタが贈る】至極のクリスマスあるある12連発(#51)
2021年12月24日
このカテゴリの全ての記事(74件)を見る
▲ トップへ戻る